マタニティ 妊娠中

初産から3人目まで出産体験談・38週、39週、予定日に出産しました

投稿日:

スポンサーリンク

現在小学校6年生から1歳の子供3人を育てています。

先輩妊婦さんの体験談で「切迫早産」の話の次に気になったのが、「出産体験談」でした。

初産から2人目、3人目まで全員の出産体験談を当ブログでも紹介いたします。

会陰切開なし、年の差出産、切迫早産、色々とありましたが、3人分の体験が詰まっているので参考になれば嬉しいです!

 

 

40週0日、38週0日、39週0日に出産

予定日丁度に1人目の子、38週に2人目、39週に3人目を出産しています。

出産予定日前にスクワットが必要とか聞きましたが、初産の時は恥骨が痛くて歩けませんでしたし、2人目3人目は切迫早産だったので殆ど運動はしていません。

また全員雪が積もっている時期に生まれていますので、散歩も転倒したら危ないですしね。

 

あまり運動していない私ですが、全員予定日までに生まれています。

過度な運動は必要ないのでは?と思っています。

産後の為に可能な体力づくりくらいで良いと思いますが、一番安静生活が長かった2人目が産後一番元気でした。

不思議なものですよね。

 

ちなみに3人目は、35歳で3人目だったせいか後陣痛も物凄く痛くて、退院してからも時々痛くてロキソニンを飲んでいました。

産婦人科の助産師さん達も3人目からは後陣痛が痛かったと仰っていました。

※薬は母乳でも妊娠中に比べて子供に移行しないそうなので、産科のお医者さんに相談してみるといいです。

 

 

陣痛から出産

実は3人とも同じ時間帯から陣痛が始まって、殆ど同じ経過をたどっています。

早朝4時から5時くらに定期的な張り、少しの息苦しさ、軽い痛みを感じました。

生まれる1週間くらい前から前駆陣痛を感じていたのですが、治まらないので「これは陣痛かな」と直感的に思いました。

全員朝いちばん9時頃に受診し、「前駆陣痛かも」「夜中に生まれるかな」と言われたのですが、1人目も19時台には生まれましたよ!

2人目が18時台、3人目は15時台です。

 

3人目は2人目と9歳差なので「また陣痛の時間が長くなるのでは?」と思いましたが、初産に比べると楽でした。

昼頃から急にズドンと陣痛が重くなり、これから生まれるまでの間がきつかったです。

それまでは陣痛と言っても定期的に来るだけで軽い痛みでした。

痛みの強さですが、生理痛がすごく重くて失神しそうなくらい痛いことがあったので、それと同じくらいでした。

痛いには痛いのですが、慣れている痛みだったので「静かだったけど痛くなかった?」と助産師さんに聞かれました。

叫ぶ元気がなかっただけで痛かったです。出産の時結構冷静でした。

 

余談ですが、破水はドバっとしなかったので、毎回人工破膜しています。

子宮口8cm開大くらいの時に助産師さんが卵膜を切ってくれ人工的に破水するのですが、そうするとお産も進むそうです。

 

スポンサーリンク

 

会陰切開せず自然分娩

実は3人共「会陰切開」していません。(会陰マッサージもしていませんが)

会陰切開するかしないかは初産の場合は特に、病院やお医者さんの方針が大きいと感じています。

 

2人目までを産んだ総合病院は、フリースタイル出産を取り入れたり、必要以上に会陰切開しないと言った病院です。

3人目を産んだ個人病院では、殆ど会陰切開していたそうですが、私が初産でないことと安産であったこと、事前に会陰切開はなるべくしたくないとバースプランで打ち合わせいたのでしませんでした。

 

しかし、一言言います。

2人目は年子のせいか、簡単に出てきたのですが、特に1人目の時は冷静だったので余りの痛みに「会陰切開して下さい!!」と言おうかと思いました
3人目も言おうかと思いました

 

鼻からスイカが出るような痛みではありませんが、「股が裂けるわ!」と普通に思いました。

酷い便秘みたいなものです。(こんな酷い便秘は一度くらいしか経験ありませんが)

 

この時いきみたい衝動で無理に最初からいきんで赤ちゃんを出してしまうと、会陰裂傷が酷くなり大きく裂けるそうです。

16回以上いきんだのですが、そのくらい何度もいきんだ方が徐々に皮膚が伸びるのでいいそうです。

時間をかけた甲斐あって1人目は3針、2人目と3人目は1針だけの縫合で済みました。

怖いので毎回麻酔して貰いました。

 

 

会陰切開しないと自然に裂ける為治りが早いと聞いていますが、大きく裂けたり痛いくらいならいっそ麻酔して切って貰った方が良い気もしています。

 

 

フリースタイル出産の方が合っていた

私は3人目の個人病院だけ分娩台であお向けになって産みました。

2人目までは分娩台の上で横向きになり、上になる足をお医者さんや助産師さんが手で受け止めて貰いました。

いわゆる一般的なあお向けの姿勢は私には合わなかったのか、3人目が一番いきむのが大変でした。

「脚開いて!」と言われても「開きすぎると力入りません!」と言った会話をしていました。

人それぞれ力の入り易いポーズってあると思います。

 

赤ちゃんを出すのって、酷い便秘のようなものでしたが、酷い便秘の時に分娩台はしんどいなと思います。

中には畳の上、布団の上などで出産出来る病院もあったようで、予算や場所が合えばそんな病院で産みたかったなと思いました。

分娩時のトラブルは回旋異常を起こしかけていたことぐらいで、これは四つん這いで一時間耐えたこと(お腹の下にビーズクッション)で何とかなったので、分娩台でなくても良かったなと思いました。

 

陣痛室から分娩室への移動も、大概陣痛室はすぐ隣にあるもので、痛みのない時に移動するので特にLDRも必要なかったです。

 

 

3人目で初めてお産がかぶる

3人目の時は、分娩時間がかぶり隣に初産の妊婦さんが来ましたが、とても苦しそうでした。

「痛い痛い」とすすり泣く声の方が自分の痛みより怖かったですね。他人のお産って自分と違って不思議な感じでした。

隣の妊婦さんが自分と違ったタイプだったので、特にそうでした。

 

私お産の時のことをはっきりと細かく覚えていることが多いのですが、そんな風だと会陰切開して「赤ちゃんの頭が出る時は痛くなかった」と言うこともなく、切開せずに頭が出る時が一番痛いってことになるので、それはそれで大変でした。

叫んでも何しても無事赤ちゃんを産んでしまったもの勝ちです!

 

分娩室が一つの時はカーテンで仕切られるのですが、その産院では声は聞こえるものの、入り口も別にあったのか、旦那さんや妊婦さんの姿は全く目にしませんでした。

出産がかぶったら嫌だなと思っていたのですが、見えなかったので「まいっか」と思えました。

同じ日に出産しているので1ヶ月健診も一緒だったのですが、そっちの方が気まずかったですね。

私も3人目は仰向けの出産が合わなかったり、お産の進みが早くて「痛い」と言っていたので…。

 

他人の出産を垣間見て思いましたが、多少のことは大丈夫です。

「痛い」と叫んでも、取り乱しても助産師さんや看護士さんは慣れていらっしゃいます。

 

 

 

一番楽なのは何人目?

産む時痛みが少なかったのは2人目だったのですが、2人目は回旋異常やら陣痛が進まなくて階段歩いたりしてたので、トータル楽だったのは3人目でした。

陣痛がきつくなったのは13時前後で出産が15時過ぎだったので、陣痛に苦しんだ記憶があまり無いんです。

 

病室から「ちょっと分娩台でチェックしてみよう」と連れて行かれ陣痛室をスルーしたので、大変だったのは14時半頃から15時過ぎまでです。

2人目に比べて痛かった気がするんですが、とにかく時間が短いってそれだけ我慢したり「いつ終わるんだろう?」と思う苦痛が少ないのが良かったです。

 

3人目にもなると、お医者さんの診察を受けなくても「これは夕食頃には生まれるだろうな」と思ったのですが、流石3人目!おやつの時間には生まれて来ました。

 

2人目は初産より時間がかからないと言う予測に反し、分娩室の時間が初産並みに長かったのでそこ難点でした。

分娩台に上ってから楽だったのは2人目です。

1人目も安産で楽なお産だったと思うのですが、2人目3人目と比べると時間の長さや、頭を出す時の痛みが強くて一番大変でした。

 

 

子宮口の開きと出産

私の出産って割と教科書通りで大きなトラブルも大変さもないのですが、ネットの口コミと違ったのがここでした。

子宮口が出産近くにならないと開かないのです!

切迫早産だった2人目、3人目も含め全員です。

 

2人目だけは前日の夕方に健診があり、その時に2~3㎝開いていました。

しかし1人目も3人目も前の健診では開いておらず、計画出産もダメだと言われました。3人目は2日前に兆候なしです。

 

それが当日の朝には2~3㎝で、お医者さんはそれで「時間かかりそう」と判断されるのです。

でも不思議と子宮口が開いてからは順調にお産が進み、お医者さんの予想より早い時間に生まれています。

1人目の時に「日付が変わる頃には」と先生が仰っていたので、夕方助産師さんが「もう生まれるわ!」とびっくりしていたことが忘れられません。

「やった!もう生まれるんだ~」と思いました。嬉しい誤算です。

 

 

赤ちゃんはママのお願いを聞いてくれる

最後に蛇足ですが、うちの子供達はみんな「お願い」を聞いてくれて生まれてきてくれました。

みんなにお願いしたのは「主治医の先生がいる時に生まれて来て!」と言うことでした。

後は個々に違いますが「上手に生まれて来て」「今月中に生まれて来て(先生が転勤するので)」「体力のある昼間に生まれて来て」とかを臨月になるとお腹の赤ちゃんにお願いしていました。

お願いしていないことは叶いませんでしたが、みんなお願いした通りに生まれてきたので、主治医の先生の元安心して産めました。

 

妊婦さんが読んでくれていたら、ぜひ試してみて下さい!

 

 

スポンサーリンク

-マタニティ, 妊娠中
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最低限の出産準備品リスト大公開!

スポンサーリンク こんにちは、りかです。2017年の1月次女を出産しました。3人目の子どもですが歳の離れた末っ子の為、全て新しく買い直しています。上の子達の時の経験を生かした「りかの出産準備 …

父親としての自覚は妊娠中に夫婦で育もう

スポンサーリンク お腹で赤ちゃんを育てるママと違ってパパが「父親になる自覚」は、子どもが生まれてから徐々に育つ…なんて聞いたことがありませんか?でもママは妊娠してすぐにつわりが始まり、変わっ …

レモン水で妊娠中の体重管理

スポンサーリンクこんにちは、りかです。 母乳とミルクでゆる~い育児をしています。 産後母乳が出るようになってからは、母乳の割合が多かったので、ダイエットより母乳を出さねばと体重管理せずにきたのですが、 …

no image

切迫早産を乗りきる

スポンサーリンク我が家の長女は、本当に教科書通りの心配事の少ない子どもでした。 切迫流産・早産の兆候もなく、出産予定日に普通に安産で生まれてきました。 その後も首のすわりや寝返り、おすわり、あんよ、決 …

妊娠中にやっておくべき事7選-3児の母の成功と後悔-

スポンサーリンク 昨年3人目の子を出産しました。歳の離れた3人目だったので、3人3様の妊娠期間を過ごしました。問題ない妊娠生活だったり、痛みやつわりに苦しんだり、切迫で安静になったりと色々あ …

小学校高学年の長女と長男、1歳児の次女の母。

年子の小学生と、10歳差育児経験中です。

このブログには12年分の私の失敗や成功が詰め込まれています。

上の子が手伝ってくれるものの、夫の帰りが遅く休みが少なく、割とワンオペ育児気味。

頑張るママパパに役立つ情報を発信できないかと始めたブログです。

日々の育児を呟くTwitter始めました。
@rikaricchi323 里夏