赤ちゃん期 離乳食

ごっくん期、ゆるく頑張る離乳食初期

投稿日:2017-08-23 更新日:

スポンサーリンク

 

次女がやっとごっくん期終了です。

離乳食を初めて2か月が経ちました。離乳食初期は味付けも出来ないし、すりつぶさないといけないので手間がかかりますね。

私にとって3回目の離乳食ですが、正直上の子達の離乳食って思い出も思い入れも少ないんですよね。
離乳食開始前から保育園に入れていた為、保育園に頼り切っていました。私自身はとても手抜きをしてしまいました。

今回は頑張り過ぎず、ゆるく、でもちょっと頑張ってみたかった「りかの離乳食ごっくん期」を紹介します。

 

離乳食はいつから?

長女は生後5か月、長男は生後6か月、次女は生後5か月に開始しました。

長女は単純に食べさせてみたかったので、何でも始めて良いと言われた月齢に始めました。3か月にはBFの果汁なども与えてみたりしていました。長男に関しては、別に急ぐ必要はなかったのではないかと思い6か月に始めましたが、保育園児なのだから遅くするメリットはなかったと思いました。早生まれなので、1歳児クラスへの進級を考えれば早く始めた方が良かったですね。

次女の離乳食を5か月としたのは、「早く離乳食が終わって欲しい」と言う私個人の思いからです。

「赤ちゃんの成長に合わせて始める」と言うのも見かけますが、例えば「お座りが出来るようになったら」と言う情報を見た時に、お座りが上手に出来るようになってくるのは生後7か月くらいなので、それって遅めじゃないかなと思いました。

「生後5か月以降にママが始めたいタイミングで始めてみる!」
これが私の答えです。

赤ちゃんが食べ物を欲しがったらとか、大人の食事を目で追うようになったらと言う情報も見ましたが、実際は離乳食を始めたら食べ物に興味を示すようになったので、あげてみて様子見で良いと思いました。

長男は首のすわりも遅く、勿論お座りも遅かったのですが、お座りがしっかりしないうちは抱いてあげれば良いので、これで離乳食開始時期を遅らせなくても大丈夫です。

 

おかゆからスタートです

おかゆは10倍粥から始めます。

米1に対し水10なので10倍粥と言うのですが、徐々に水分量を減らしていくおかゆの固さに戸惑うママもいるのではないでしょうか?

炊飯器でご飯と一緒におかゆを作れるものがあったり、おかゆを作る方法は色々とありますが、我が家が最終的にたどり着いたのは鍋でした。

普通に炊いたご飯をお味噌汁を作るような鍋で弱火でグツグツ煮ました。

水は適当に多めです。私は蓋をせずに水分が足りなくなれば足して焦げ付かないようにしました。焦げ付きにくい鍋の方が絶対に良かったです。

始めたばかりの頃は、すり鉢でおかゆを細かくすり潰しました。

生後6か月を過ぎてから、ご飯中によくこちらを見てくるのでご飯粒をあげたところ「もぐもぐ」食べていたので、おかゆをやわらかく炊いてすり潰すのを止めました。

自分で試食してみると分かるのですが、舌で潰せる固さなので難なく潰し粥を卒業してくれました。

ちなみにすり鉢は長女の時に100円ショップで買った大きいものが役立っています。

 

使えるタンパク質が少ない

離乳食初期で使えるタンパク質

  • 鯛(カレイ、ヒラメなどの白身魚)
  • 豆腐
  • しらす
  • 豆乳
  • きな粉

と離乳食の本に書かれていたのですが、豆腐も豆乳もきな粉も大豆製品なので、普段全く使わない豆乳やきな粉はわざわざ買わなくても良いかなと、鯛としらすと豆腐をローテーションで与えました。

それから2回食になっても昼間はミルクがあるからいいかなと、タンパク質なしのことが多かったです。

離乳食中期になれば使えるタンパク質も増えるので、鯛の刺身を買うことも減り、家計にも優しくなりますね。

 

洋服や床を汚す

生後6か月になるとどんどんお座りが出来るようになってきたので、何度か座らせてあげてみたのですが、私が直接体を固定しないと食べ物で服などを汚したので、諦めて抱っこしてあげています。

レジャーシートを床に敷くと言うアイディアも聞いたことがあります。

腕に抱いて掃除を省略するか、座らせて掃除をするか、自分のやり易い方が正解だと私は思っています。

 

嫌いな食べ物を食べない

うちの次女は、かぼちゃ・コーン・小松菜などが好きではないようです。

次女はまだ寝る時間も日によってまちまちで、程良くお腹が減って、眠気もない時と言うタイミングが難しいので、好き嫌いをされると参ってしまいます。

柔らかく煮込んですり潰した離乳食を食べて貰えないのは堪えますよね。

離乳食って只でさえ手間がかかり大変なので、苦痛は致命傷です。
ですから「嫌いでもいいじゃない」と思うようにしました。
「食べないなら避けたっていい」と思いました。

子どもだけでなく、親だって楽しく食事をさせたいです。
私は毎日子どもに「美味しい?」と聞きます。美味しく食べてくれない料理を作るなんて苦痛ですよね。
だから苦手なものは少量にして、なるべく食べやすくしています。

離乳食初期だと食べやすくは難しく、せいぜいかぼちゃやコーンをポタージュ風にしたり、おかゆに少量混ぜるくらいしか出来ないのですが、中期・後期と進めば少しずつ味付けも可能になってきますし、使える食材も増えるので、この後食べさせる工夫をしていけばいいかなと思うようにしました。

味の好みは、幼児から学童期、子どもから大人になる過程で色々変わるので、気に病まないようにしようと思っています。
私自身、大人になるまでに食べられるようになったものがたくさんあるので、前向きに離乳食を進めていきたいものです。

 

楽しい思い出にしたい

歳の離れた末っ子を産む前に暗い気持ちになったのが、「離乳食づくり」と「トイレトレーニング」でした。

既に小学生を育てている母としては、再び離乳食を作らなければいけないのかと思うと、気が重くなりました。

しかし切迫早産を経て産後の体調不良からも少しずつ回復してきてからは、夕飯づくりが楽しみになってきました。
現在専業主婦なので、安いスーパーを見つけて食材を買って来て、今まで作らなかったメニューにもたくさんチャレンジしています。
そんな中に始まった離乳食なので、今回は今までよりも楽しんで作っています。
仕事をしながら赤ちゃんを育てていると本当に離乳食を丁寧に作る余裕なんてなかったのですが、今はたいへんながらも昔よりはベビーフードに頼らず手作り中心で作ることが出来ています。

 

この記事は、離乳食が大変だと言うママにも、少し気を抜いて楽しく離乳食期を乗り越えて欲しいなと言う想いと、私自身の記録の為に作りました。

 

 

 

スポンサーリンク

-赤ちゃん期, 離乳食
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんとの温泉にはPh値が高めのアルカリ性温泉がオススメ!?

スポンサーリンク 毎年春休みに家族の誕生日祝いに温泉に行くことが多い我が家です。夏休みや冬休みにも行くことが多いのですが、昨年と今年は4月に温泉旅行に行きました。我が家の末っ子は昨年は生後2 …

70サイズの秋冬物ベビー服はどこで買う?

スポンサーリンク我が家の三兄弟はみんな早生まれです。雪のある時期に生まれ、最初に迎える秋服は70サイズでした。 生後半年を過ぎると、ハイハイやお座りが出来るようになってくるので、赤ちゃんの動 …

お葬式に着せる幼児の服装~着画像や見本も紹介~

スポンサーリンク 子供が幼児期に3度、お葬式に連れて行きました。お葬式は急に起きることも多いですし、喪服のある大人と比べて、子供の服装選びは大変ですよね?どんな服がお葬式に相応しいかも悩むと …

赤ちゃんストローマグマスターへの道

スポンサーリンクこんにちは、3児の母りかです。 少し前から三番目の次女が、外出先にもストローマグを持って行くようになりました。うちの一番目の長女は結構器用で、生後5か月にはストローが使えました。 次女 …

0歳児の予防接種-我が家の予防接種スケジュー-

スポンサーリンク 次女が7か月になりました。先日、B型肝炎の3回目の予防接種に行ったのですが「0歳の予防接種はこれで終わりです」と言われ「???」となりました。11か月にヒブワクチンを受けさ …

小学校高学年の長女と長男、1歳児の次女の母。

年子の小学生と、10歳差育児経験中です。

このブログには12年分の私の失敗や成功が詰め込まれています。

上の子が手伝ってくれるものの、夫の帰りが遅く休みが少なく、割とワンオペ育児気味。

頑張るママパパに役立つ情報を発信できないかと始めたブログです。

日々の育児を呟くTwitter始めました。
@rikaricchi323 里夏