Hokkaido 赤ちゃん期

赤ちゃんと自動車免許更新

投稿日:

スポンサーリンク

昨年生後9か月の末っ子を連れて、初めて子連れで免許更新をして来ました。

末っ子はどこかに預けた経験がないので預けると言う概念がなかった為、前日に慌てて「赤ちゃんを連れて行ってもいいのだろうか」と一人不安になり、インターネットで色々調べてみましたが、不安はイマイチ解消されないまま子連れで自動車の免許更新へ行って来ました。

赤ちゃんがいるのだけど、自動車の免許更新はどうしようかと悩んでいるママ向けへレポートをお送りします。

私が調べた結果ですが、どうやら対応に地域差があるようです。

このレポートは私が利用した「札幌運転免許試験場」で、札幌市と近郊の小樽市や石狩市などにお住いの方が利用出来ます。

別の場所にお住いの方は、参考にしていただければと思います。

 

 

子連れを考慮していただき助かりました

たまたま台風のせいで雨がひどく、空いている日でした。

それもあってか、顔写真を撮った後に係りの方がベビーカーを押していた私にエレベーターの場所を丁寧に教えて下さりました。

私は一時間の「一般講習」だったのですが、受付で一番後ろの席の番号札を頂けました。講習を受ける机が二人掛けで、ベビーカーを置くスペースがないからだと思います。抱っこでも場所が狭く厳しいので、同じ対応ではないかと思います。

係りの方は考慮して下さりましたが、空いている時で良かったなと思いました。忙しい時に考慮して頂くのは大変でしょうし、赤ちゃん連れだとベビーカーでも抱っこでも、自分の体一つよりは確実に手間がかかります。
だから空いてそうな時間帯選びや、時間に余裕を持って行動すると良いかと思います。

私は親の手助けもほぼなく、保育園激戦区で赤ちゃんを何とか保育園に入れ育てて来たので、赤ちゃんを預けられないママの気持ちや負担はよく分かります。
けれどそれが当たり前ではなく、皆が他人の事情を分かったり、理解出来るわけではありませんので、連れて行く時はなるべく迷惑にならない対策をしていくのがベストだと思います。

 

 

免許更新のながれ

一階で受付(免許証と免許更新の葉書)→印紙購入→申請書記入(印鑑か署名)視力検査→申請書受付→写真撮影まで行われます。

 

この時注意したいのが、「写真撮影」です。

私は写真撮影で赤ちゃんを抱っこしていると厳しいのではないかと思い、ベビーカーで連れて行きました。上着もベビーカーに置くことが出来たので、写真撮影まではベビーカーがあって良かったです。

しかし、三階で講習を受ける際は机と机の間にベビーカーが通れる十分なスペースがなく無理矢理入れました。

なんとか一番扉に近い席に入れたので、持参した抱っこ紐は使いませんでしたが、これも空いてたお陰で大丈夫でした。

お車で行かれるのでしたら、念の為両方持って行くのが良いと思います。

 

 

オムツ替え、授乳など

3階に授乳スペース

二組入れるようになっていて、仕切りを閉められるようになっています。授乳スペースがあるので、ここのベンチは禁煙になっています。

ベビーベッドが置いてあるので、ここでオムツ替えも出来そうですね。

ベビーベッドは廊下の奥にもありました。

 

1階のトイレ

1階のトイレ(食堂前)の中の一番奥に身体障害者用トイレがあり、ここならベビーカーを直接入れてトイレを利用出来ます。3階の奥にはありませんのでご注意下さい。

又、ここで赤ちゃんのオムツ替えも出来そうですね。

 

 

もし自動車の免許更新にどうしても乳幼児を連れて行かなければいけなくなった時、子育てサロンのママ友や先輩ママにどうしたのか聞いてみるのも良いですね。良いアドバイスが貰えるかもしれません。
子連れに関して厳しい意見もあると思います。しかし自動車は生活にも使うものであり仕事ではありませんから、預け先に困る人がいるのも起こり得ることです。
保育園激戦区のような地域は、一時保育の確保さえ簡単ではないですよね。
私のように連れて行っても迷惑にならないだろうか、行ってもいいのだろうかと悩んだりしたママの参考になれば幸いです。
無事免許更新出来ることを願っています。
普段からパパが一人で赤ちゃんの面倒を見れるようだと、ママも助かりますね。

 

「赤ちゃんと旭山動物園」も一緒に読んで下さいね。

 

スポンサーリンク

-Hokkaido, 赤ちゃん期
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんに1年間で購入したグッズの費用内訳大公開!

スポンサーリンク 赤ちゃんが生まれてから我が家が1年間の間に購入したグッズです。1か月ごとに細かい内訳や金額も載せています。中古品を購入することもあったり、我が家は第3子なので(絵本はお下が …

小樽雪あかりの路へ子どもと行こう

スポンサーリンク 「小樽雪あかりの路」をご存知ですか?2018年に私も初めて訪れましたが、「さっぽろ雪まつり」に比べて地域に密着したイベントです。2000人のボランティアスタッフによって作ら …

ワンオペでも大丈夫、赤ちゃんのお風呂

スポンサーリンク新生児期の沐浴から、お座りが出来るようになるまで、ママが一人で沐浴出来る方法・便利グッズを紹介します。昨今は「ワンオペ育児」なんて言葉が出てきましたが、ワンオペ(one operati …

新生児から1歳のママへ贈る、セールで失敗なく来年用の子供服を購入するコツ!

スポンサーリンク  たくさんの子供用品店で子供服のセールが行われていますが、そんな時に気になるのが来年用に失敗しない子供服選びではないでしょうか?自分の服より子供服が大好き、3人の …

西松屋2018年夏物底値セールはいつから?

スポンサーリンク 多くの衣料品店で夏物セールも終盤を迎えましたが、西松屋はまだまだ値下がりを狙えます。毎年買い替えが必要な子供服を、お特にゲット出来る西松屋の底値セールについてお伝えします。 …

小学校高学年の長女と長男、1歳児の次女の母。

年子の小学生と、10歳差育児経験中です。

このブログには12年分の私の失敗や成功が詰め込まれています。

上の子が手伝ってくれるものの、夫の帰りが遅く休みが少なく、割とワンオペ育児気味。

頑張るママパパに役立つ情報を発信できないかと始めたブログです。

日々の育児を呟くTwitter始めました。
@rikaricchi323 里夏